【高校BIG3】横浜高校・藤平尚真投手がついに聖地のマウンドへ。今年の横浜はとにかく強い!

【高校BIG3】横浜高校・藤平尚真投手がついに聖地のマウンドへ。今年の横浜はとにかく強い!

高校野球激戦区の神奈川県で常に優勝争いを繰り広げる名門校・横浜高校。 多くのトップ選手を輩出し続ける横浜高校には今年もスター候補がたくさんいます。 大注目のエース藤平投手を中心に2016年の横浜高校をまとめます。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

横浜高校3年ぶりの甲子園

今年もやってきた夏の甲子園!
全国で熱のこもった予選が繰り広げられる中、高校野球の超激戦区神奈川県大会では名門・横浜高校が決勝戦で慶応高校を下し聖地への切符を手にしました。

2016年の横浜高校はとても完成度の高いチームです。
打っては地方大会新記録の14本塁打を記録し、投げてはプロ注目右腕の藤平投手と石川投手の全国屈指の二枚看板。
投打に隙がなく甲子園大会でも大進撃が期待されます。

エース・藤平尚真投手

そんな完成度の高いチームの中でも一番の注目が集まるのはエースの藤平尚真(ふじひら しょうま)投手。
花咲徳栄高校の高橋昴也(たかはし こうや)投手、履正社高校の寺島成輝(てらしま なるき)投手と共に大会最注目投手として“高校BIG3”と呼ばれています。

藤平投手の凄さはなんといってもその身体のバネ!
中学時代、陸上走高跳びで全国準優勝を果たしたほどの高い運動能力を活かし投じられる直球はなんと最速152km/h。
また変化球のレベルも高くスライダーやフォークなどでも空振りを奪える高校NO.1の本格派右腕です。

横浜高校には他にも注目選手が!

今年の横浜高校には、藤平投手以外にも注目選手がたくさんいます。

投げては二番手投手の石川達也投手は藤平投手とエースナンバーを奪い合った実力者。
藤平選手との継投リレーも目立ちます。
打っては村田雄大選手や主将の公家響選手などの頼れる3年生打者たち以外にも、U15日本代表の4番打者を務めた2年生の増田珠選手は名称渡辺監督に「モノが違う」と言わしめるほどです。
また、怪物1年生万波中正選手は推定135mの特大ホームランを放ち話題になりました。

まさにタレント揃いの横浜高校野球部は甲子園大会でも優勝候補にあげられています。
初戦は9日第3試合で宮城県代表の東北高校との対決です(8日時点の予定)。
今年の夏は横浜高校から目が離せません。

内容について報告する