「2017年ドラフト大予想・投手編」 センバツで投げたドラフト候補投手は誰だ?

「2017年ドラフト大予想・投手編」 センバツで投げたドラフト候補投手は誰だ?

センバツ序盤戦、甲子園のネット裏席には明らかに身体の大きな男たちが集結する。その正体は普段は日本各地に散らばるNPB球団のスカウト陣。ドラフト候補選手のここで残した内容・成績を精査するためだ。では、彼らのお眼鏡にかなう2017年のドラフト指名選手とは?今回は「投手編」「野手編」の2回に分けて紹介していきたい。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

センバツでは結果を残せなかった好投手たちも、夏で挽回!

 今大会、ドラフト候補としてスカウトから大きく注目を集めたのは、熊本工右腕の山口 翔。甲子園では、自己最速にあと1キロと迫る最速148キロを計測。試合は智辯学園(奈良)に大敗を喫したものの、スリークォーター気味から繰り出すストレートの威力自体は素晴らしく、センバツに出場した投手の中でもトップクラス。手元で急激に曲がるスライダーの切れ味も抜群だった。反面、被安打11、8四死球。9失点、全体的に抜け球も多かった制球面、投球面の課題を夏までに克服できれば、ドラフト上位も見えてくるだろう。

 山口同様、147キロ右腕として大会前から注目が集まっていたのが東海大市原望洋(千葉)の金久保 優斗。大会前、「ストレートの平均球速を、140キロ中盤まで速めていきたい」と話していた通り、滋賀学園(滋賀)戦では常時140キロ中盤を計測。

 加えて狙い通りに投げるコマンド能力や、延長14回でも144キロを計測するスタミナ。切れのあるスライダーも披露し、期待通りの投球を見せた。試合は延長14回に4点を失い2対6で初戦敗退となったものの、スカウト陣の評価も大きく高まったことだろう。夏までに「勝ちきれる」投手になるために。すべての面で能力を高めていけば、高卒プロ入りはもちろん「1位」の称号まで狙える。

 一方、昨秋の東京大会決勝戦で早稲田実・清宮 幸太郎から5三振を奪った左腕として注目を集めた日大三(東京)の櫻井 周斗(日大三)は、秋の明治神宮大会王者・履正社(大阪)と対峙。140キロ中盤の速球に加え、対戦した打者の多くが「消える」と表現する縦スライダーで、8回13奪三振。左スラッガーの3番・安田 尚憲から3三振。4番の右スラッガー・若林 将平からも、冬に習得したチェンジアップを織り交ぜて4三振と強打者へのキラーぶりを見せつけた。

 とはいえ、全体を通してみれば9失点で完敗。荒削りな一面を克服し、強豪校相手に安定したピッチングを継続できるかが、夏までの大きなテーマである。
 
 完成度の高さでは、大会トップクラスなのが福岡大大濠の右腕・三浦 銀二だ。175センチ73キロと決して上背があるタイプではないが、無駄のない投球フォームから繰り出す常時140キロ中盤の速球、切れのあるスライダー、カーブ。コントロール良く投げ分けてゲームメイクする姿は、2016年オリックスドラフト1位の山岡 泰輔(東京ガス)の瀬戸内高(広島)時代を思い出させる。

 さらにアベレージのスピードを高めて、高校生では打てないと思わせる投球が完成すれば、1学年上の先輩・濱地 真澄(現・阪神タイガース)に続くプロ入りも期待できる。

まだまだいるぞ!センバツでアピールした左腕たち

 秀岳館の左腕・川端 健斗は、初戦の高田商(奈良)戦で、最速146キロを計測したストレートと、切れのあるスライダー・チェンジアップ・カーブを武器に8回10奪三振。作新学院(栃木)戦でも、リリーフ登板で2回3分の1を投げ、先発・リリーフ両面での汎用性を証明した。このまま順調に成長を示していけば、高卒プロ入りも十分に考えられるだろう。

 櫻井や川端と同じく大会注目左腕の静岡・池谷 蒼大は、球速表示以上を感じさせる130キロ後半の速球、キレのあるスライダーを武器に不来方(岩手)戦では、7回9奪三振1失点。8回以降、不来方打線が静岡の2番手・春 翔一朗相手に気持ちよくフルスイングしたのを見ると、池谷に想像以上に打ちにくさを感じたことだろう。高卒プロ入りを目指している池谷にとっては、良いアピールとなる大会となった。

 左腕ではもう1人、前橋育英の丸山 和郁。1回戦の中村(高知)戦では開きが小さいフォームから最速144キロを計測。手元で小さく切れるスライダーとのコンビネーションも良好だった。報徳学園(兵庫)戦でも2回からのリリーフ登板で7回無失点。夏ヘ向けてさらにパワーアップした投球を見せることができれば、上への活路も開けてくる。

 右腕で印象的だったのは、大阪桐蔭のエース・徳山 壮磨である。宇部鴻城(山口)との1回戦では140キロ前後のストレート、縦横のスライダー・カーブで、投球を構成。球速表示は金久保、山口と比べると物足りなさを感じるが、緩急自在の投球や、内角を強く攻め込む姿を見せるなど、引き出しは広い。現在は183センチ73キロと細身。身体が大きくなれば、球速は大きく伸びる可能性を残している。

 ここまで紹介したセンバツ出場投手のみならず、最後の夏までに3年生たちが成長した姿を示すことができるのか?今年は清宮、安田などスラッガーが目立つ世代だが、ぜひ投手たちも高いパフォーマンスで、ドラフト戦線を盛り上げてほしい。

【寄稿】 by 高校野球ドットコム

内容について報告する