【プロ野球】完全復活なるか!?平成の怪物 松坂大輔選手

【プロ野球】完全復活なるか!?平成の怪物 松坂大輔選手

横浜高校時代には甲子園決勝でノーヒットノーランを達成。WBCやオリンピック代表にも選出された、かつての日本のエースが復活を果たそうとしています。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

選手プロフィール

松坂大輔選手(まつざか だいすけ)

松坂大輔選手(まつざか だいすけ)

■生年月日:1980年9月13日(36歳)
■所属チーム:福岡ソフトバンクホークス
■出身地:東京
■身長/体重(血液型):183cm/93kg(O型)
■ドラフト年(順位):1998年(1位)
■経歴:横浜高-西武-レッドソックス-メッツ

出典 https://this.kiji.is/217413449524772871

輝かしい経歴

1998年、平成の怪物と呼ばれる松坂大輔選手は夏の甲子園大会の決勝でノーヒットノーランを達成。最速150キロのストレートと140キロ台のスライダーを武器に、横浜高校の春夏連覇の立役者となりました。同年に行われたプロ野球ドラフト会議では、西武ライオンズに1位指名されるとプロ1年目から16勝を挙げ、新人王・最多勝・高卒新人としては史上初となるベストナインとゴールデングラブ賞を受賞しました。
2004年にアテネ五輪代表、2006年には第1回WBC代表に選出され活躍した後、2007年にアメリカ、メジャーリーグの球団であるボストン・レッドソックスへ移籍。当時、日本人投手1年目の最多勝利となる15勝を挙げると共に、レッドソックスがワールドシリーズを制覇。松坂選手はメジャー1年目にして世界一の栄光をつかみ取りました。

成績の低迷

2009年、第2回WBCで3戦3勝、防御率2.45で日本の連覇に貢献しました。しかし、同年4月、疲労による右肩の軽い張りのため故障者リスト入り。5月下旬に登板をするものの、右肩の不調で再び故障者リスト入りをしてしまいます。2011年には、右ひじの手術をしますが、この年の成績は3勝、2012年は1勝という成績に終わってしまいます。
2013年、ニューヨーク・メッツに移籍。メジャーリーグには定着できず、マイナーリーグ(3Aラスベガス)での活躍をみせますが、最終成績は3勝に終わってしまいます。

NPBへの復帰 平成の怪物復活へ

NPB復帰3年目

NPB復帰3年目

2014年12月、松坂選手は福岡ソフトバンクホークスと3年総額12億円プラス出来高払いで合意し、9年ぶりの日本球界(NPB)復帰となりました。
NPB復帰後も右肩のケガの影響で、1軍登板はわずか1試合。勝利を挙げらていません。
しかし、3年契約の最終年となる今シーズンは、確かな手ごたえを感じているようです。

出典 https://this.kiji.is/155234890071737845

「(球団には)いつも謝っている。恩返しは1軍のマウンドで勝つこと」

出典 :「リレーコラム」ソフトバンク松坂大輔、完全復活なるか 手術の右肩に不安なし(47NEWS)

と意気込みを語り、昨秋から体重を9キロ減らした体で、キャンプ序盤の2月7日には239球を投げ込むなど気合十分の調整を続けています。さらに、3月25日におこわれた広島とのオープン戦では先発で起用され、7回無失点。相手打線をノーヒットノーランに抑える好投で首脳陣にアピールをしました。
平成の怪物 松坂大輔選手。
日本中を熱狂させた甲子園決勝から18年が経つ今年、彼のピッチングを再び1軍のマウンドで観ることができるのでしょうか?今後の活躍に注目です!

内容について報告する