いよいよ開幕!!プロ野球 各球団対戦結果

いよいよ開幕!!プロ野球 各球団対戦結果

3月31日に開催したプロ野球。各地で大熱狂となり、試合が繰り広げられました。どのチームが、いいスタートを切ったのでしょうか?

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

いよいよ開幕!プロ野球

3月31日に、待ちに待ったプロ野球が開催されました。各球場では国家が歌われ、日本一に向けて、全ての球団が動きだしました。しかし、まだまだどのチームが優勝するのかは、予想がつきません。

各対戦相手

初戦はどういった組み合わせだったのでしょうか?
( )内は試合が行われた球場を指しています。

・セリーグ

巨人VS中日(東京ドーム)
ヤクルトVSDeNA(神宮球場)
阪神VS広島(マツダスタジアム)

・パリーグ

西武VS日本ハム(札幌ドーム)
楽天VSオリックス(京セラドーム大阪)
ソフトバンクVSロッテ(ヤフオクドーム)

各試合結果

それぞれの試合結果を、試合ごとに分けてみました。

巨人VS中日 6-2

巨人が勝利しました!初回に、阿部選手の自身初となる開幕ホームランで流れを作り、キャプテン坂本選手のホームランも生まれ、巨人の強みである、力強い打線が中日を圧倒し、ピッチャーのマイコラス選手も好投を魅せました。

ヤクルト VS DeNA 2-9

ヤクルトの勝利でした。8回にはWBCにも参戦した山田選手のタイムリーヒットなどで大量に点をとり、塁にいるランナーを確実に返す野球で見事に勝利を収めました。

阪神VS広島 10-6

阪神の勝利です。今年から阪神に加入した、元オリックスの糸井選手選手が、猛打賞(1試合に3打席以上でヒットを打つこと)の大活躍で得点を重ね、勝利しました。広島も、新井選手のホームランなどで追い上げまずが、10点という大きな点数には追いつきませんでした。

「見たか!」と言わんばかりに三塁側の阪神ベンチを指さす。そして腹の底から「雄たけび」を上げた。

出典 阪神糸井セ界デビュー戦猛打ショー「死ぬ気で戦う」(日刊スポーツ)

今年の阪神は、糸井選手の影響がとても大きくなりそうです。

西武VS日本ハム 8-1

西武の勝利でした。ピッチャーの菊池選手が1失点で抑える好投で、それに打線が応える見事な試合となりました。日本ハムは、大谷選手が2安打という見事なを収めましたが、得点にはつながりませんでした。

楽天VSオリックス 6-4

楽天は、延長11回のペゲーロ選手の2ランホームランが決勝点となりました。WBCに出場した松井選手も、2回無失点という好投を魅せ、均衡した試合でしたが、楽天が見事勝利しました。

ソフトバンクVSロッテ 1-3

松田選手、柳田選手、本田選手という、ソフトバンクの主力メンバーがチームの勝利に貢献しました。ピッチャーの和田選手も8回1失点という好投を収めました。オープン戦は調子がよかったロッテでしたが、開幕初日はエース涌井選手の投球に打線が応えられない結果となってしまいました。

各チーム、反省点やよかった点はあったと思います。しかし、まだまだプロ野球は始まったばかりです。今年のプロ野球も目が離せません。

内容について報告する