最下位からの優勝へ!中日ドラゴンズの新戦力

最下位からの優勝へ!中日ドラゴンズの新戦力

2017年シーズンが開幕したプロ野球。去年、セリーグ最下位になってしまった中日ドラゴンズはプロ野球12球団の中で唯一、開幕5戦で1勝も挙げられていません。山本昌選手や川上憲伸選手ら、かつての黄金時代を支えた主力が引退していく中で、活躍を求められるのは新戦力。 今回はそんな中日ドラゴンズの新戦力3人を紹介していきます。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

期待のドラ1 柳裕也投手

柳裕也投手(やなぎ ゆうや)

柳裕也投手(やなぎ ゆうや)

■生年月日:1994年4月22日
■身長・体重:180cm・83kg
■投打:右投右打
■出身地:宮崎
■血液型:A型
■趣味:音楽鑑賞
■出身校:横浜高校-明治大学

出典 https://this.kiji.is/161773475403777527

柳裕也選手は2016年ドラフト1位指名でドラゴンズに入団。140キロ台前半のキレのあるストレートと「魔球」とも称される落差の大きい110キロ前後のカーブを武器に東京六大学通算23勝(8敗、防御率1.84)を挙げました。また、柳選手は人間力という点においても高評価を得ているそうです。大学野球日本代表に選抜された際には主将を任され、チームの優勝に大きく貢献。その人間力は柳選手の出身校である明治大学の善波監督も

「自分だけではなくてチームに力を与え、引っ張りだすことができる。それが柳の人間力。うちの主将も柳しかいないよな、と思いました。上っ面できれいな言葉を並べるだけじゃなくて、柳の言葉には心が乗っかっている」

出典 :明大・柳裕也がドラ1候補に挙がる理由 完成度の高さと学生随一の人間力(Sportsnavi)

と語っており、柳選手の人間力の高さを証明してくれています。

柳選手は、その「魔球」と「人間力」を活かしドラゴンズを勝利に導くことができるのでしょうか?期待のドラ1から目が離せません!

開幕1軍!京田陽太内野手

京田陽太選手(きょうだ ようた)

京田陽太選手(きょうだ ようた)

■生年月日:1994年4月20日
■身長・体重:182cm・80kg
■投打:右投左打
■出身地:石川
■血液型:O型
■趣味:部屋の掃除
■出身校:青森山田高校-日本大学

出典 https://this.kiji.is/212183984285713908

京田陽太選手は2016年ドラフト2位指名でドラゴンズに入団。日本大学時代からプロレベルと評されるショートでの守備力と50メートル5.8秒の快足が持ち味の選手です。
オープン戦では全19試合に出場。その快足を武器に2盗塁とチームトップの9得点をマーク。ドラゴンズの森繁和監督が今季掲げる「機動力野球」の期待に応え、球団新人内野手では18年ぶりとなる開幕1軍入りを果たしました。

「機動力野球」の象徴ともいえるその快足を生かして、チームを勢いに乗せることができるのでしょうか?開幕1軍をつかみ取ったルーキーに期待です!

新たな大砲 アレックス・ゲレーロ内野手

アレックス・ゲレーロ選手

アレックス・ゲレーロ選手

■生年月日:1986年11月20日
■身長・体重:182cm・99kg
■投打:右投右打
■出身地:キューバ共和国
■経歴:エスクエラデポルテエイデ高-ドジャース

出典 https://this.kiji.is/210005915484028937

新外国人のアレックス・ゲレーロ選手は2017年、クリーンアップでの活躍が期待される長距離バッターとしてドラゴンズが獲得した選手です。2015年にはアメリカメジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースで11本塁打と実績も残しているゲレーロ選手は、来日早々にホームラン連発。2月におこなわれた練習試合4戦では、10打数6安打、3本塁打、6打点と元メジャーリーガーの力を発揮してみせました。さらに4月2日には開幕3戦目で初本塁打を放ち、待望の日本球界第1号を披露しました。

新長距離砲は低迷するドラゴンズを救えるのか?同じくキューバ出身のビシエド選手とのクリーンアップでの活躍に期待がかかりますね!

最下位からの優勝へ!

去年、19年ぶりのセリーグ最下位を経験した中日ドラゴンズ。山本昌選手や川上憲伸選手ら、かつての黄金時代を支えた主力が引退していく中で、活躍を求められるのは新戦力です。柳選手・京田選手・ゲレーロ選手はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?期待の新戦力を是非、応援したいものですね。

内容について報告する