欧州クラブからも注目集まる鹿島アントラーズの新エース!鈴木優磨選手

欧州クラブからも注目集まる鹿島アントラーズの新エース!鈴木優磨選手

昨年のクラブW杯で準優勝に貢献したことや今年の活躍が評価され、ドイツなど欧州クラブからも注目されている選手です!今年で21歳、将来を期待されている鈴木優磨選手に迫っていきたいと思います。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

氏名:鈴木 優磨(すずき ゆうま)
生年月日:1996年4月26日
身長:182㎝
体重:75㎏
出身地:千葉県
血液型:B型
利き足:右

所属チーム:鹿島アントラーズジュニアユース
鹿島アントラーズユース

出典 https://this.kiji.is/221102668632737270

鈴木選手は周囲の状況からボールがもらえる位置を予想し点を獲得することが多く、ストライカーとしての資質や感性も十分と言われています。

これは教えられてできることではない。いわゆる“FWの嗅覚”と言われるもので、鈴木自身も「計算ではなく、勘で動いてる」と語っている。鹿島の9番は、ストライカーにとって重要な資質と感性をすでに持っているのだ。

出典 引用:鈴木優磨、6戦3得点でもまだ3番手。代表より欲しい「鹿島のスタメン」。(NumberWEB)

特に持ち味のゴール量産に繋がる独自の感性に基づいた動きは誰かに教えられて学んだわけではないので相手チームの選手にとっては動きが予想しづらく手強い相手ではないでしょうか。

有言実行

「俺が『2桁取る』と宣言したとき、周りは驚いたかもしれないけど、自分としては”取れる”と思っていた」

出典 ハリルも密着マーク。伝統の「9番」を 背負う鹿島の新エース、鈴木優磨 (Sportiva)

前年度は出場も少なく、得点数もリーグでの2得点のみ。それが2016年にはいるとリーグ31試合に出場するなど活躍がめざましく、なんと有言実行となる11得点(内訳:リーグ得点・8点/天皇杯・2点/FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016・1点)を獲得。高い目標を公言し自分を追い込むことで、より高いパフォーマンスを行うことが可能になったのかもしれませんね。

異例中の異例

ドイツ1部リーグのハンブルガーSVというチームが、鈴木選手の獲得を目指している噂もあったそうです。これは極めて異例の出来事。なぜなら、今までにドイツ1部リーグに選ばれたことのある日本人選手はどの選手も、日本代表に選出されてからのオファーだったからです。今年獲得されるかはまだ不明ですが今後の動向に注目ですね!

おわりに

ドイツをはじめ海外チームへの移籍が囁かれている鈴木選手。
移籍が決まったとしても、鹿島アントラーズに残ったとしても、将来日本を背負っていく選手に変わりはありません。
フィールドはどこであれ、持ち前の感性と得点力を生かし、頑張ってほしいものですね。

内容について報告する