平成生まれ初の大関昇格へ!注目の力士・高安

平成生まれ初の大関昇格へ!注目の力士・高安

5月場所でも活躍を見せた高安関がついに大関昇格を決めました。これからの活躍が一層期待されるこの若手力士に注目してみました。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

高安 晃(たかやす あきら)

高安 晃(たかやす あきら)

所属部屋:田子ノ浦
本名:高安 晃
しこ名:高安
番付:大関
生年月日:平成2年2月28日
出身地:茨城県土浦市
身長:186.0cm
体重:174.0kg
得意技:突き・押し

※日本相撲協会:力士プロフィール - 高安 晃より


出典 https://this.kiji.is/231601087178032636

高安関は中学卒業後から相撲への道を歩み始めました。所属する田子ノ浦部屋では、横綱稀勢の里が兄弟子として日々稽古を重ねているそうです。

当時、同じ茨城県出身の稀勢の里関が史上2番目の速さで十両に昇格したとの情報を聞いた高安の父親が鳴戸部屋(現田子ノ浦部屋)へ彼を連れて行ったことがきっかけとなり、15歳で角界にはいることになったそうです。

33センチある足のサイズを褒められて笑顔を見せる高安を見て、父は「将来相撲でどうにかなるかも、という気持ちが(高安に)芽生えて、気持ち的に楽になったと思う」と感触を得た。

出典 新大関・高安 稀勢の十両昇進が転機 父とアポなしで鳴戸部屋へ

高安が相撲の道に邁進することを決めた影には父親の働きかけが大きく功を奏したのではないでしょうか。

初の平成生まれ日本出身大関へ

平成二十九年の五月場所を11勝4敗という好成績を収めた高安関は、大関昇格の目安となる勝利数を達成し大関へと昇格。また今場所では横綱日馬富士関や大関豪栄道関からも白星を奪っており、技能賞にも選ばれました。

平成生まれの日本出身力士では初の大関昇進

出典 http://www.sponichi.co.jp

高安 大関昇進へ「模範になるよう」、日本出身で平成生まれ初(サンスポ)

高安関はこの大関昇格を稀勢の里関あってのものだと語っており、兄弟子への感謝を表しています。

「感謝し切れない。ここ数場所は本当に刺激を受け、それが僕の原動力と発奮材料になった」

出典 「大関昇進」高安 急成長の裏側(東スポWeb)

「横綱には感謝している。さらに上を目指したい気持ちが強くなった。しっかり追いかけて、いつかは肩を並べてみたい」

出典 大関昇進が確実の高安、連敗に反省 「一つの星が大事」(朝日デジタル)

同郷の兄弟子、横綱・稀勢の里(30)の胸を借りて番付を伸ばし、たどりついたこの日。「恩返しをすることがうれしい」と感謝の言葉を述べた。

出典 高安、大関決定 稀勢追い、つかんだ 兄弟子の胸借り力強く(毎日新聞)

2017年5月31日 大関昇進の伝達式を終えて、高安のコメント

これからも切磋琢磨する姿を見てみたいですね。

四股名は「高安」のままに

どうやら高安関は「高安」のまま四股名を変えないようです。

「新十両のとき自分の父から、『高安』という名前を残して欲しいという願いもあって、先代師匠(元横綱・隆の里)も了承してくれた。変える予定はないです」

出典 高安、本名のままで大関へ「変える予定はないです」(スポーツ報知)

本名の四股名をそのまま使い続けた力士としては、元横綱輪島大士さんなどが知られています。四股名が本名の力士は遠藤関や、正代関、宇良関、石浦関が有名でこれからも増えていくのかもしれませんね。

高安関の見据える先は?

「目指せるところに上がってきたので、次は優勝したい。優勝しないと次には上がれないので、その気持ちで取り組みたい。15日間、全部勝つつもりで取りたい」

出典 高安、にこやかに会見「模範になるような堂々とした大関に」

高安関は早くも次の目標として優勝を目指しています。14日目、千秋楽で2連敗と少し苦さを覚える形の昇格は本人にとっても反省点になったのかもしれません。将来の横綱を目指す彼にとっては優勝も大きな目標ではなく、通過点とも言えますね。新たな若き大関の今後の活躍がますます期待されます!

内容について報告する