あのプロ野球外国人選手は今…マット・マートン選手

あのプロ野球外国人選手は今…マット・マートン選手

阪神タイガース時代の活躍だけでなく日本好きなことでも知られるマット・マートン選手。彼の日本愛を感じさせるエピソードとともに、これまでの輝かしい功績と帰国後の活動をお伝えします。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

マット・マートン選手(Matt Murton)

マット・マートン選手(Matt Murton)

身長/体重:185cm/99kg
生年月日:1981年10月3日
投打:右打右投
経歴:ジョージア工科大 - シカゴ・カブス - オークランド・アスレチックス - コロラド・ロッキーズ - 阪神タイガース - シカゴ・カブス - デトロイト・タイガース

出典 https://this.kiji.is/230250549477590520

マートン選手は、2003年にボストン・レッドソックスからドラフト1巡目で指名されました。
その後シカゴ・カブス、オークランド・アスレチックス、コロラド・ロッキーズを経て、2010年に阪神タイガースに移籍。2015年に阪神タイガースを退団した後は、シカゴ・カブスとのマイナー契約を交わし、米球界に復帰を果たしました。

マートン選手の人柄

阪神タイガースで6年間プレーしていたマートン選手。その間には結果だけでなく、阪神ファンからの信頼と絶大な人気をも得ました。
2015年の退団時には、自身のツイッターに阪神ファンへ感謝の気持ちを以下のように投稿しています。

Matt Murton @mmurton92015-10-12

タイガースファンありがとう!6年間はすばらしかった!タイガースのユニフォームが着られたのは、名誉です!私たちが成し遂げたことは、誇りです!神の祝福がありますように!#Ganbarimasho pic.twitter.com/proae7hpfN

653538583081385984

引用:公式Twitter(@mmurton9)より
2万人以上にRTされた投稿には、マートン選手の退団を惜しむ声など約1,500件のメッセージが寄せられました。

退団から1年以上が経過した2016年12月23日の天皇誕生日には、同ツイッターにて天皇陛下へのお祝いメッセージを、また2017年1月には新年の挨拶を日本語で投稿するなど、度々日本への愛情を感じさせてくれました。

Matt Murton @mmurton92017-03-11

Higashi Nihon daishinsai kara rokunen, minasan gambarimasho!! 3.11 #NeverForget 🇯🇵

引用:公式Twitter(@mmurton9)より

東日本大震災のあった3月11日に投稿された、心のこもったメッセージ。
日本を離れても変わらず"日本愛"を持ち続けているマートン選手に対し、ファンからは喜びの声や日本球界復帰を望むメッセージが寄せられました。

日本での活躍

2010年に阪神タイガースに加入し、1年目でシーズン214安打のプロ野球新記録を樹立。最多安打には3度輝き、2014年には打率.338をマークし首位打者を獲得。ベストナインにも4回選ばれました。

米球界復帰後の活躍

2015年シーズン限りで阪神タイガースを退団し、翌年2016年にシカゴ・カブスとマイナー契約を結ぶことで7年ぶりに米球界に復帰しました。打率.314、出塁率.349、長打率.398という好成績を残しましたが、メジャー復帰は叶わず、カブスからリリースされてしまいました。
その後、2017年2月にデトロイト・タイガースとマイナー契約を締結し、トレド・マッドヘンズへと配属されていました。しかし、開幕から7試合出場して打率.154、2打点、0本塁打と低迷してしまい、2017年4月17日に再度リリースされてしまいました。

マートン選手、虫垂摘出手術を受けていた

2016年にシカゴ・カブスとマイナー契約を結んでいた期間、マートン選手は招待選手としてメジャーキャンプに参加していました。実はそのキャンプ期間中、虫垂摘出手術を受けていたのです。手術は無事成功、回復も順調だったようですが、このために調整が遅れてしまったそうです。メジャー復帰が叶わなかった要因の一つだったのかもしれませんね。

メジャー復帰を目指して

現在はFA(フリー・エージェント)となっているマートン選手。メジャー復帰を目標に、今後も活動を続けていくことでしょう。いつも日本のことを気にかけてくれている彼が活躍している姿を、是非また見てみたいですね。これからも応援していきたいと思います!

内容について報告する