陸上中長距離界不動の王者「モハメド・ファラー」選手とは

陸上中長距離界不動の王者「モハメド・ファラー」選手とは

近年、主に陸上男子5000mや10000mで数々の成績を残してきたモハメド・ファラー選手に注目してみました。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

出典:Mo Farah: My Rio Highlights(Olympic)/YouTubeより

選手名:モハメド・ファラー
国籍:イギリス
出生地:ソマリア
生年月日:1983年3月23日
所属クラブ:Newham and Essex Beagles

現在では世界陸上界でも最も有名な選手の1人になったファラー選手ですが、ここまでの道のりは大変長いものでした。
ファラー選手はソマリア内戦の最中に生まれ、8歳の頃、英語も片言程度しか話せないという状態でイギリスへ移住しました。彼が本格的に陸上を始めたのはこの頃でした。当時アーセナルのサッカー選手になることを夢見ていたファラー選手でしたが、移住先の体育教師に才能を見出され、陸上に専念するように説得されたそうです。

中長距離種目では敵なし

ファラー選手はこれまで、2012年のロンドン五輪、2013年のモスクワ世界陸上、2015年の北京世界陸上、そして2016年のリオ五輪と、5000m、10000mの2種目においてそれぞれ金メダルを獲得。五輪2大会連続での長距離2冠は、1972年ミュンヘン五輪と76年モントリオール五輪のラッセ・ビレン氏以来40年ぶりの快挙でした。
現在のファラー選手は、中長距離種目においては敵なしと言っても過言ではないでしょう。
冒頭の動画からもわかるように、ファラー選手は特に最終ラップからの驚異的スパートが特徴と言えます。巧みな戦術とそれを可能にする身体能力を持ち合わせているからこそ、圧倒的な強さを見せつけられるのでしょうね。

ロンドン世界選手権を最後に、マラソンへ種目変更か??

五輪での5000m、10000mの連続二冠をスタートさせたロンドンの地を最後に、トラック種目からロード種目に転向するとも噂されるファラー選手。
ロンドン世界選手権でどのような活躍を見せるか世界中から多くの期待が集まっています。

終わりに

アスリートとして脂が乗り、近年の大会では観るものを圧倒するような走りを見せてくれているファラー選手ですが、果たして私たちは東京五輪で都内を走る姿を見られるのでしょうか。
今後のファラー選手の動向に注目です。

内容について報告する