本田圭佑選手、新天地での活躍なるか!?

本田圭佑選手、新天地での活躍なるか!?

今シーズンACミランから移籍し、話題となっている本田選手に注目してみました。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

本田 圭佑選手

本田 圭佑選手

現所属:CFパチューカ
ポジション:MF、FW
生年月日:1986年6月13日
出身地:大阪府摂津市
血液型:AB型
身長/体重:182㎝/79㎏
利き足:左足

※数字は2017年8月現在。

出典 https://this.kiji.is/255347187058345461

本田選手といえば、2010年W杯南アフリカ大会において日本だけでなく世界の注目を集めたスター選手。その後も日本代表としてチームに貢献する活躍が都度話題になりました。また2014年には名門クラブのACミランに移籍し背番号10番をつけていたということから、もはや日本で彼を知らない人はいないと言っても過言ではないでしょう。

海外クラブで挑戦し続けてきたサッカー人生

本田選手は石川県の星稜高校卒業後に名古屋グランパスエイトに入団し、その後はオランダのVVVフェンロ、ロシアのCSKAモスクワ、イタリアのACミランなど、主に海外クラブを渡り歩いてきました。
ヨーロッパ初挑戦であったオランダのVVVフェンロでは2部降格を経験しながらも、チームに留まりゴールを量産し、わずか1シーズンでの1部復帰に貢献しました。
CSKAモスクワに移籍した際は、ヨーロッパチャンピオンズリーグで日本選手初のベスト8入りという結果を残しました。
そしてACミランでは、成績が揮わず厳しい評価を受けることもありましたが、10番という重圧に耐えながらも結果を残し、常にチャレンジし続けてきました。

新天地はあの国!!

本田選手が次の活躍の場として選んだ国は、メキシコでした。
メキシコは、代表チームがワールドカップ常連国であり、メキシコ人選手の体格や特徴は日本人選手が参考にすべきであると言われてきた国です。18チーム参加の2ステージ制を採用しており、リーグ戦の後にトーナメントで優勝を決定するという形を取っています。

◆2017-18シーズンの参加クラブは?
▽パチューカの他、リーガMXに所属するチームでは、クラブ・ワールドカップにも出場し名前を聞いたことがあるであろうクラブ・アメリカやクルス・アスル、また、モンテレイやティグレスなども参戦。元ブラジル代表FWロナウジーニョが所属したケレタロも参加している。

出典 本田圭佑が挑戦するメキシコ1部リーグとは? 新シーズン開幕間近&2ステージ制を採用

元ブラジル代表FWロナウジーニョが所属したケレタロも参戦。

メキシコリーグには、元フランス代表でマルセイユで活躍していたティグレス所属のFWアンドレ=ピエーレ・ジニャック選手やインテルから移籍したモンテレイのGKフアン・パブロ・カリッソ選手など、本田選手と同じくヨーロッパの有名クラブでプレーをした後に移籍してきた実力者たちが多く在籍しており、注目のリーグと言えるでしょう。

挑戦できる環境を求めた結果

移籍の決め手は?
「選手として、人として自分を必要とするクラブでプレーしたかった。パチューカが自分を必要としてくれると率直に感じ取れた」
「もう一つは、ビッグチャレンジになる選択をしようと。自分の最近の守りの姿勢にちょっと腹が立っていた。もっと面白い刺激的な挑戦が自分には合っている。メキシコは刺激的なニューチャレンジになる」

出典 パチューカ本田「刺激的な挑戦、標高が敵」一問一答(朝日新聞)

パチューカへの入団会見で、約2千人のサポーターの前でこう語った本田選手。
強い意志、そして何より成長に貪欲な姿勢が感じられますね。

今年で31歳になる本田選手。
サッカー選手として脂が乗りつつある時期に差し掛かり、メキシコにおいても必ずやインパクトを残してくれることは間違いないでしょう。今後の活躍に期待です。

内容について報告する