【サッカー日本代表選手情報】吉田麻也選手

【サッカー日本代表選手情報】吉田麻也選手

開催まで残り一年を切ったW杯ロシア大会。アジア最終予選で日本が次に対戦する国はオーストラリア。この試合で恐らく鍵となるであろう吉田麻也選手について取り上げたいと思います。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

吉田麻也選手について

選手プロフィール

吉田麻也選手

吉田麻也選手

所属:サウサンプトン
ポジション:DF
生年月日:1988年8月24日生
身長:189cm
体重:78kg
経歴:名古屋グランパスエイトU-15→名古屋グランパスエイトU-18→名古屋グランパスエイト→名古屋グランパス→VVVフェンロ(オランダ)→サウサンプトン(イングランド)

出典 https://this.kiji.is/247515671089152006

吉田選手は現在、プレミアリーグのサウサンプトンに所属しています。プレミアリーグは、世界中のスター選手が集結し、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーを始めとした名だたるビッグクラブが競争するリーグ。そんな環境で吉田選手はDFとしてプレーしています。

サウサンプトンでも主力メンバー

昨年11月のW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦に出場していた吉田選手は、まだ所属するサウサンプトンでは準レギュラー扱いだったそうです。しかし、それから4ヶ月という短い期間のうちに、「センターバック(CB)のレギュラー」への昇格を果たし、今ではチームを支える不可欠な存在に。一体、吉田選手に何が起きたというのでしょう。

常に忘れない成長意識

「何にチャレンジしてはいけないか、どういうミスをしたらいけないか、そういうことはミスを繰り返して理解したつもりなので。試行錯誤は常にしているし、毎試合、気が抜けない状態だし。試合ごとに成長していかなくてはいけない」

出典 高度な英語力と経験値。 吉田麻也のキャプテンシーは長谷部に劣らない(web sportiva)

吉田選手のこのコメントからもわかるように、突然彼に何かが起こったわけでもなければ、何かを変えたわけでもなかったのですね。レベルの高い選手の揃った厳しい環境で、いつスタメンを外されるかわからないプレッシャーと戦いながら、全ての試合に全力で向き合っているのでしょう。

高度な英語力

日本人サッカー選手が海外へ移籍する時にまず立ちはだかる問題として、「言語の問題」があります。サッカーの技術は折り紙つきなのに、監督やチームメイトとのコミュニケーションが上手くいかず、出場機会を得られないといったこともあるようです。
そんな中、吉田選手はというと、「言語の問題」をものともせず、審判との交渉も難なくこなせるというから、すごいですね。

Twitterではプライベートを載せる一面も

前述のとおり、英語を使った高度なコミュニケーションスキルを持つ吉田選手。チームメイトとの交流でも発揮しているようです。吉田選手の公式Twitterでは、プライベートでチームメイトと過ごした出来事に関するツイートや写真が投稿されています。普段、試合中に見せる真剣な表情と、プライベートでの表情とのギャップもまた、吉田選手の魅力の一つと言えるでしょう。

MAYA YOSHIDA @MayaYoshida32017-07-08

Back in business⚽️⚽️新シーズンスタート! pic.twitter.com/8NmwuULvJs

883580088821874689

シーズンインする前にパシャリ!MAYA YOSHIDA(@MayaYoshida3)公式ツイッターより

今では日本代表にも不可欠な存在となったDF吉田選手。来たる8月31日のW杯アジア最終予選のオーストラリア戦では、吉田選手のディフェンスが日本の勝利に導くことになるのでしょうか。これからも吉田選手、そして日本代表を応援していきましょう!

内容について報告する