【ラグビー トップリーグ】今シーズンも圧倒的な強さ!サントリーサンゴリアス

【ラグビー トップリーグ】今シーズンも圧倒的な強さ!サントリーサンゴリアス

8月18日、ジャパンラグビートップリーグが開幕しました。連覇を狙うサントリーサンゴリアスの強さの秘密に迫ります!

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

強さの秘密

ジャパンラグビートップリーグ2016-2017第15節「神戸製鋼コベルコスティーラーズvsサントリーサンゴリアス」に勝利し、開幕から15節まで全勝で終えたサントリーサンゴリアスが4シーズンぶりのトップリーグ優勝を果たしました。

出典 ジャパンラグビートップリーグ2016-2017 優勝!(サントリーサンゴリアス公式HP)

昨シーズンは17連勝無敗でトップリーグを制覇、更に日本選手権も制覇して二冠を達成したサントリー。
その強さの秘密はどこにあるのでしょうか。

それは、昨シーズンから指揮を執る沢木監督が採用した「スペースを攻める」ラグビーにあるかもしれません。
一昨シーズンは、過去最低の9位に終わったサントリーですが、それまでサントリーは「ボールをキープすること」に主眼を置いていました。
しかし、ディフェンスの進化に伴い、ボールを保持し続けることが難しくなってしまいました。

かつてのボールを保持して攻撃するラグビーを捨て、空いているスペースを素早く突く新たなスタイルを追求。「世界のラグビーは進化しているのに、サントリーのラグビーだけは進化していない」。厳しい口調で成長を促し続けた。

出典 サントリー全勝V 数センチ、数秒にこだわり復活(日刊スポーツ)

と「スペースを攻める」ラグビーを採用。
昨シーズンは、アタッキングラグビーが根付いていることもあり、得点はリーグ3位の563点。
さらに、失点はリーグ最少の184点となりました。

中心選手

サントリーを支える中心選手を見てみましょう。

まずは、WTB(ウイング)のポジションを務める中づる(※雨かんむりに鶴)隆彰(なかづる・たかあき)選手。
昨シーズンは、17トライをあげて最多トライゲッターに輝きました。更に、MVPも受賞し、トップリーグのベストフィフティーンにも選ばれています。

次に、SH(スクラムハーフ)のポジションを務める流大選手。昨シーズン、沢木監督がサントリーのキャプテンに指名した選手です。昨シーズンは、中づる選手と同じく、トップリーグのベストフィフティーンに選ばれました。

更に今シーズンは、豪州代表でも活躍するマット・ギタウ選手が加入しました。
マット・ギタウ選手については、是非こちらのコラムをご覧ください。

トップリーグ開幕

ラグビーのジャパントップリーグが8月18日に開幕。サントリーサンゴリアスの開幕戦の相手はキヤノンイーグルスでした。
試合では、中鶴選手が2トライを奪い攻撃を牽引すると、粘り強いタックルで相手を1トライに抑えます。その結果、32-5で勝利を収め、開幕戦を勝利で飾りました。

そして25日には、第2節の試合が行われ、サントリーはリコーブラックラムズと対戦しました。サントリーはキックや素早いパス回しでスペースを突くラグビーを展開。更にマット・ギタウ選手の活躍もあり、31-15で勝利を収めました。

開幕2連勝と好スタートを切ったサントリーサンゴリアス。
このまま勝ちを重ね、トップリーグ2連覇を果たすことは出来るのでしょうか?
今後もサントリーサンゴリアスに注目です!

関連リンク

内容について報告する