ボクシング界の"怪物"井上尚弥選手!

ボクシング界の"怪物"井上尚弥選手!

相手選手に屈しない圧倒的な強さを見せている井上尚弥選手。将来のボクシング界を背負う、井上選手について見てみましょう!

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

井上尚弥(いのうえ なおや)選手

井上尚弥(いのうえ なおや)選手

■生年月日:1993年4月10日
■出身:神奈川県座間市
■所属:大橋ボクシングジム

出典 https://this.kiji.is/239289750717349894

アマチュア経験のある父・真吾さんの手ほどきを受け、6歳からボクシングを始めた井上選手。獲得したタイトルは、WBOスーパーフライ級チャンピオン、WBC世界ライトフライ級チャンピオン、東洋太平洋ライトフライ級チャンピオン、日本ライトフライ級チャンピオン。通算成績は、2017年9月12日現在13戦13勝(11KO)となっています。

強さの秘密

2014年12月30日に行われたWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチでは、同王座を11度防衛していた同級王者、オマール・ナルバエス選手を2回3分1秒、KOで下し、2階級制覇に成功しました。

この試合直後、井上選手がグローブに何かを入れているのではないかとナルバエス選手の陣営からクレームがはいりました。もちろんグローブには何の細工もしてありません。それほど、井上選手のパンチが強烈であったという事が分かります。

しかし、強烈すぎるパンチ故に、試合中に拳を痛めてしまい不本意な試合に終わることも時折ありました。そんなトラブルを乗り越えるために

サンドバッグを素手で叩くようにして拳を鍛え、スパーリングは1日4ラウンドまでにセーブし、オーバーワークによるけがを防ぐなど、井上はさまざまな工夫を凝らしてコンディションを整えるようになった。

出典 井上尚弥は1分半で距離感を見切る。 米上陸で“世界のスター”にリーチ。(Number Web)

この結果ケガによるトラブルもなく、今年5月21日に行われたWBO世界スーパー・フライ級王者の防衛戦でも、ランキング2位の指名挑戦者、リカルド・ロドリゲス選手に3回1分8秒TKO勝ちを収め、5度目の防衛に成功しました。

世界3階級制覇を果たし、昨年12月に引退を表明した長谷川穂積氏は井上選手について、

一言でいうと強いです。全部が総合点以上。10点満点で言えば、9点以上です。ボクシングは、パンチ力、スピード、テクニック、冷静さ、最後に勇気。この5つを全部持っている人間が強いんです。もちろんプロのボクサーならある程度その5つを持ってはいるんですけど、その全部の平均点が9以上あるというのは……。だから強いんですよ。

出典 長谷川、山中も認める井上の怪物性。「10点満点で、全てが9点以上」-ボクシング(Number Web)

と述べています。

WBC世界バンダム級王者として12度の防衛に成功している山中選手も、

いや、強いです。自分自身のスタイルは左ストレートが中心なんですね。(井上選手のように)いろんなパンチの種類があって、その全部に威力があるというのは見ていて本当にうらやましいですし、魅力的ですよ。

出典 長谷川、山中も認める井上の怪物性。「10点満点で、全てが9点以上」-ボクシング(Number Web)

と述べており、日本ボクシング界の中心選手であった2人が、井上選手の実力を認めていることが分かります。

ボクシングの本場、アメリカデビューへ

WBOスーパーフライ級王者である井上選手は、9月9日アメリカのカリフォルニア州カーソンで行われる6度目の防衛戦に挑みました。この試合が、井上選手にとってはアメリカデビュー戦となります。

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は9日、米カリフォルニア州カーソンで行われ、初めて米国での試合に臨んだチャンピオンの井上尚弥(大橋)が、同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)に6回終了TKOで圧勝して6度目の防衛に成功した。

出典 井上尚、米初戦で圧勝=6度目防衛に成功-WBO・Sフライ級(時事通信)

アメリカでのデビュー戦を鮮烈に飾った井上選手。

試合後の公式会見で米国人記者が壇上の井上尚に向かい、「モンスター」と呼びかけて質問した。堅苦しい「イノウエ」でも、フランクに「ナオヤ」でもない。ワンサイドゲームで米デビュー戦を飾った、日本の怪物への敬意が含まれていた。

出典 尚弥V6 衝撃TKO米デビュー「モンスター」ぶり見せつけた(スポニチ)

まざまざと怪物ぶりを見せつけるその姿に、次の試合への期待がさらに高まりますね!

新たに日本ボクシング界を引っ張る存在として期待される井上選手。
アメリカでもその強さを見せつけることは出来るでしょうか?
井上選手の更なる活躍に注目です!

内容について報告する