全米オープン準優勝!ケビン・アンダーソン

全米オープン準優勝!ケビン・アンダーソン

怪我から復帰した南アフリカの選手が全米オープンでライバルと対戦しました。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

Kevin Anderson(ケビン・アンダーソン)
生年月日:1986年5月18日
出身:ヨハネスブルグ(南アフリカ)
身長:203cm (6'8")
体重:93㎏ (205lbs)
利き腕:右
世界ランキング:16位(10月2日現在)

ケビン・アンダーソン選手は南アフリカ出身のテニスプレーヤーで、先日の全米オープンで準優勝しました。2015年には世界ランキング10位にランクインし、南アフリカ出身選手では20年ぶりの快挙を果たしています。

怪我に苦しむも復帰を果たす

プロ入りから順調に世界ランキングを挙げてきたアンダーソン選手ですが2016年は怪我に悩まされるシーズンとなりました。左ひざや右肩、足首などの故障により2試合を途中棄権し、その後9大会の出場を断念することになってしまいました。世界ランキング一桁を狙っていた彼ですが、2016年は一時70位まで落ち込んでしまいます。
それでも怪我から復帰した彼は今季の全仏オープンとウインブルドンで4回戦まで勝ち上がり、2つのグランドスラムでベスト16入りと周囲に復調をアピールしました。

旧知のナダルと全米で激突

そして迎えた全米オープンではアンダーソン選手は第28シードとして出場しました。ここで彼はキャリアで初めてのグランドスラム決勝戦を戦う快進撃を見せました。ここでも南アフリカ出身選手として、グランドスラム決勝に出場するのが33年ぶり、全米オープン決勝へ進むのが51年ぶりの功績を残しています。
決勝の対戦相手はラファエル・ナダル選手で、12歳のジュニア時代からのライバルとの対戦となる興味深い一戦となりました。
9月10日に行われた決勝戦、アンダーソン選手は健闘するも6-3、6-4、6-4のストレート負けで自身初のグランドスラム制覇とはなりませんでした。ナダル選手の全米オープン3回目、そしてグランドスラム通算16回目の優勝でこの大会は終わりましたが、決勝戦の試合後互いを称えるコメントが話題になっています。

"But before I talk about me, I want to say congrats to Kevin. He's a great example for a lot of kids and the rest of the tour to come back better than ever."

出典 Nadal Sprints To Third US Open Crown(ATP World Tour)

"Rafa is one of the greatest ambassadors in our sport, so congrats to him,"

出典 Nadal Sprints To Third US Open Crown(ATP World Tour)

アンダーソン選手はこの大会での準優勝が大きく響き、現在、世界ランキング16位にまで浮上しています。31歳の年齢は選手としてベテランに差し掛かりますが、彼は悲願のグランドスラム制覇を実現できるのでしょうか。

関連リンク

内容について報告する