大相撲界の新しい旋風となるか 炎鵬

大相撲界の新しい旋風となるか 炎鵬

横綱白鵬の内弟子がデビューから全勝し目の覚めるような活躍を見せています。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

プロフィール

炎鵬 晃(えんほう あきら)

炎鵬 晃(えんほう あきら)

生年月日:1994年10月18日
所属:宮城野部屋
出身:石川県金沢市
身長:169.0㎝
体重:94.0㎏
番付:幕下西14枚目

※データは2017年11月現在

出典 https://this.kiji.is/284740128998999137

炎鵬は、169㎝94㎏の力士としては小柄な体格です。金沢学院での大学相撲部時代には世界選手権軽量級で2連覇を達成するなどの実績を誇り、卒業後に横綱・白鵬の内弟子として宮城野部屋へ入門しました。
兄弟子には同じく”小兵”ながら大きく注目されている若手の石浦がいます。

横綱 白鵬 3人目の内弟子

2017年2月下旬に入門、横綱 白鵬にとって石浦、山口に続く3人目の内弟子(力士が将来親方になり独立する際、部屋に連れていく弟子の事)になりました。当時の会見で白鵬はこのように語っています。

「私は3年近くで関取になった。それを上回って2年でなってもらいたい」と期待をかける。

出典 横綱白鵬に3人目の内弟子 西日本学生王者が入門へ(朝日新聞)

その期待は、白鵬が名付けたしこ名にもあらわれているようです。命名した白鵬は

「上にいくと身体の差がある。そこを勝ち抜いていくために気持ちで負けないで、常に燃えていくこと。それで炎鵬にしました。炎って珍しいでしょ」

出典 白鵬、内弟子のしこ名を命名「炎鵬」 春場所前相撲デビューの中村(デイリースポーツ)

横綱の胸を借り、稽古に励む炎鵬。その心の内側から闘志が炎のように燃え盛っているのを白鵬は見抜いたのかもしれませんね。

初土俵から21連勝

横綱に認められた実力は大相撲でも証明され、炎鵬は初土俵からの3場所21戦全勝。この21連勝の記録は序の口デビューの成績では歴代4位となっています。歴代1位の記録は佐久間山(現常幸龍)の持つ27連勝となるため、4場所連続優勝そして最多連勝が彼の当面の目標となってきそうです。

 169センチ、94キロと小兵ながらに快進撃を続ける一因には、やはり白鵬の存在があるからだ。「一番一番にかける思い、集中力がすごい。私生活も徹底しているから普段の力が出せていると思う」。白鵬の付け人を務めているからこそ、肌身で感じるものがあった。

出典 白鵬の内弟子炎鵬、背中追い連勝&連続Vへ奮闘中(日刊スポーツ)

と、この3場所連続優勝の快進撃の原動力について白鵬から受けた影響がその内の一つであると語っています。

まだ髷も結えぬ彼が十両、幕内と上がってきた時、はたして彼の頭は大銀杏を結うことができるのか、それともざんぎりなのか。昇進の早さにも注目が集まる炎鵬。
これからはじまる11月の九州場所で更なる活躍に期待ですね。

内容について報告する