広島・田中広輔の弟がドラフト5位で巨人へ!

広島・田中広輔の弟がドラフト5位で巨人へ!

10月26日(木)に行われたドラフト会議において、巨人はドラフト5位で田中俊太選手を指名しました。田中俊太選手は、広島の田中広輔選手を兄に持つ、走・攻・守の3拍子が揃っている選手です。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

田中俊太(たなか しゅんた)選手プロフィール

■生年月日:1993年8月18日
■身長/体重:180cm/83kg
■投/打:右/左
■ポジション:内野手
■経歴:相模原ホワイトイーグルス(依知中)-東海大相模高-東海大-日立製作所

※データは2017年11月現在

東海大相模高では甲子園に3度出場し、3年春には優勝を果たします。東海大では、3年時の大学選手権で優勝。日立製作所に入社すると、都市対抗で準優勝を遂げたほか、若獅子賞や社会人ベストナインに選ばれました。

兄の背中を追う

俊太選手の兄は、広島のセ・リーグ2連覇に貢献し、今シーズンの盗塁王に輝いた田中広輔選手です。俊太選手は兄と同じように、東海大相模高、東海大というルートを辿ってきました。
また、俊太選手は社会人1年目にベストナイン二塁手部門を受賞しましたが、兄の広輔選手も社会人1年目にベストナイン遊撃手部門に選ばれています。

俊太選手は、兄の広輔選手について、

兄は第一線で頑張っていて、全てを参考にすることはないですが、参考になる部分もいっぱいある。大変な中でやっているので、僕も負けないでやらなきゃいけないなという気持ちになりますね。ずっと追いかけてきたので

出典 「ずっと追いかけてきた」―広島で活躍の兄から刺激、プロ注目の弟が秘める思い(フルカウント)

と語っています。俊太選手にとって、兄・広輔選手は憧れの存在であったのかもしれませんね。

代表でも活躍

田中俊太選手の強みは、主に二塁手ではありますが内野ならどこでも守れる守備力と、勝負強い打撃です。

今年は侍ジャパン社会人代表に選出され、10月に行われたアジア選手権では「1番・二塁」で出場し、リードオフマンとして優勝に貢献。

9月23日に行われた巨人2軍とのプロ・アマ交流戦(日立市民球場)でも、試合には敗れたものの、巨人3番手の谷岡投手からソロホームランを放っています。

即戦力として

巨人の岡崎スカウト部長は田中俊太選手について、

高校、大学、社会人とセカンド一本でやっている。セカンドは専門職というか、キャッチャーと同じくらい難しい。年齢的にも吉川(尚)や山本のライバルになるだろうし、勝負できると思う

出典 【巨人】ドラフト5位・田中俊太に指名あいさつ「兄と同じスタートラインに立てた」(スポーツ報知)

と述べており、田中俊太選手への期待の大きさが伺えます。

兄・広輔選手の背中を追い、見事プロ入りを果たした俊太選手。
1年目から即戦力として活躍できるでしょうか?
田中俊太選手からこれからも目が離せません!

内容について報告する