大谷翔平メジャーへ!ロサンゼルスエンゼルスはどんなチーム?

大谷翔平メジャーへ!ロサンゼルスエンゼルスはどんなチーム?

先日、日本が誇る二刀流・大谷翔平選手がメジャー挑戦を表明。他球団との競合の末、大谷選手を射止めたのは「ロサンゼルス・エンゼルス」でした。「ロサンゼルス・エンゼルス」とはどのようなチームなのか、詳しく見てみましょう。

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

「ロサンゼルス・エンゼルス」とは

1961年に「ロサンゼルス・エンゼルス」が創設され、その後「カリフォルニア・エンゼルス」、「アナハイム・エンゼルス」、「ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム」と名称を変更、現在は「ロサンゼルス・エンゼルス」が正式名称となっています。

過去には、長谷川滋利選手、松井秀喜選手、高橋尚成選手が在籍していました。

現監督のマイク・ソーシア監督は2000年から監督を務めており、2度のア・リーグ最優秀監督賞を受賞した名将です。

2002年にワールドシリーズ初制覇、2004年以降は6度の地区優勝を果たしています。
しかし、ここ3年はプレーオフ進出を逃しており、今季も80勝82敗でア・リーグ西地区の2位に終わりました。

主力選手

ここで、エンゼルスを支える主力選手2人を見てみましょう。

アルバート・プホルス選手

アルバート・プホルス選手は、エンゼルスを代表するベテランスラッガーです。
2001年から10年連続で3割30本100打点を達成、これまで放ったホームランはメジャー歴代7位の614本と、まさにレジェンド級の活躍を見せてきました。
昨季は主にDHを務めましたが、大谷選手の加入により一塁手として起用される機会が増えるかもしれません。

マイク・トラウト選手

世界No.1スラッガーとの呼び声高いマイク・トラウト選手。
2011年に19歳でメジャーデビューを果たすと、その後はア・リーグ新人王、盗塁王、打点王のタイトルを獲得。
さらに2014、2016年にはア・リーグMVPにも選ばれました。

アナハイムはディズニーの街

エンゼルスタジアムからわずか数キロの位置にディズニーランドがあり、アナハイムはディズニーの街としても知られます。
かつて松井秀喜氏が所属した時には、ミッキーマウスと「夢の共演」をしたことも。大谷選手とのコラボにも期待したいところですね。
大谷選手が移籍したことで生まれる経済効果は207億5000万円にも上るという試算もされており、地元も「大谷フィーバー」を心待ちにしているようです。

球場から車で約5分の距離にディズニーランドがあり、02年までディズニー社が球団を所有。エンゼルスタジアムの左中間後方の岩山には滝が流れ、本塁打のたびに花火が上がる仕掛けがある。

出典 https://www.sponichi.co.jp

最後に

大谷選手はエンゼルスへの入団会見で、

本当は27番にしたいという思いがあったんですが(トラウト選手が背番号27で)埋まっていたので17にしました

出典 大谷 結婚祝福のトラウト“背番号イジり”「本当は27にしたいと…」爆笑誘いファンわしづかみ(スポニチアネックス)

と話し、会場の笑いを誘う場面もありました。

チームの環境に慣れ、エンゼルスで活躍する大谷選手の姿が待ち遠しいですね!

内容について報告する