ソチの雪辱果たした!高梨沙羅選手が女子ノーマルヒルでついにメダル獲得

ソチの雪辱果たした!高梨沙羅選手が女子ノーマルヒルでついにメダル獲得

女子ノーマルヒルで銅メダルを獲得し喜ぶ高梨沙羅選手【画像:時事通信社】

  • サムネイル
    gooスポーツ編集部
  • 公開日:

「平昌五輪・スキージャンプ女子ノーマルヒル」(12日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 ソチ五輪4位の高梨沙羅(21)=クラレ=が1本目103・5メートル、2本目は103・5メートルの大ジャンプで合計243・8ポイントとなり銅メダルを獲得した。

出典 デイリースポーツ

メダルを確定させる着地を決めると両手を上げてガッツポーズ、そのまま無意識のうちに体の前で両手を合わせていた。「飛び終わった瞬間、ホッとして涙が出ました」。

出典 スポニチアネックス

メダルが確実視されながら4位にとどまったソチから4年。自己最長となる11戦連続未勝利の長いトンネルに突入したまま迎えたリベンジの舞台で輝き、悪夢を振り払った。

出典 日刊スポーツ

 「目標にしていた金メダルには届かなかったんですけど、最後の最後に一番いいジャンプが飛べたし、何より日本のチームのみんなが下で待っててくれたのがうれしくて…。すごく自分の中でも記憶に残る、競技人生の糧になる貴重な経験をさせていただいた。(仲間に)抱き寄せてもらえた時にすごくホッとして涙が止まらなくて…」

出典 スポーツ報知

2回目の飛躍を終えて小さくガッツポーズした高梨は、真っ先に駆け寄ってきた伊藤と抱き合って喜んだ。ソチ五輪で失意の涙に暮れる高梨を抱きしめて慰めたのも伊藤だった。4年経って今回は歓喜の涙。「すごくホッとして涙が止まらなくて…」と高梨。伊藤は「沙羅ちゃんがメダルを取れたし、日本チームで戦った試合だと思う」と感慨深げだった。

出典 サンケイスポーツ

内容について報告する